エイジングケアの裏のウラ

エイジングケア スキンケア ヘアケア まとめ

Top > エイジングケア全般 > 知れば知るほど怖くなる、美白美人の敵「光毒性」のある食べ物とは?

当サイトは、エイジングスキンケア、エイジングヘアケアを中心とした、アンチエイジング、エイジングケアに関するまとめサイトになります。

―まとめサイトの利用方法―
 気になる情報がありましたら、サイト右上の「+まとめ作成」ボタンから「まとめ作成」を行い、どんどんコメント投稿をしてみてください。

 当サイトの機能は、通常のまとめサイトに備わっている「まとめ作成」だけではなく、「コメント投稿」機能も備わっています。
 読者様は、コメント投稿をすることによっても、参加できます。

 また、「まとめ作成」では、画像やYoutube動画のアップロードや、まとめの参考サイトのスクリーンショットを取り込む機能が備わっています。
 それぞれの機能を使用することで、より簡単に、分かりやすいまとめを作成することができますので、ご協力の程よろしくお願いします。

 なお、コメント内容が、公序良俗に反していたり、販売者や商品の権利を著しく侵害していると認められる場合には、削除させていただく場合があります。
 みんなに役立つ情報提供により、公共の利益になるよう、正確な内容による投稿と、良識あるご利用をお願いします。

知れば知るほど怖くなる、美白美人の敵「光毒性」のある食べ物とは?

シミや黒ずみの原因といえば「紫外線」ですが、日差しが強くなる季節に、特に気を付けなければならない「光毒性」についてまとめました。最後には、怖くなってしまいました。

投稿者名:シロコ

カテゴリ:エイジングケア全般

編集

「光毒性」って何でしょうか?

光アレルギー性光線過敏症
紫外線の特定の波長により、薬剤が化学変化を起こし、ハプテンとなり、生体蛋白質と結合し、それに対する免疫応答がおこるもの。例としては、特定の植物を摂取したり、汁が肌に付いた後に光に当たると発症する。

出典:ウィキペディア「光線過敏」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E7%B7%9A%E9%81%8E%E6%95%8F

もう少し詳しくいうと?つまり、皮膚に原因物質が付着して、皮膚から吸収されてアレルギーが起きるのだから、皮膚に原因物質をつけなければいいということなのでしょうか。

3. 光接触皮膚炎
脂溶性で容易に経皮吸収される薬(サンスクリーンや、抗ステロイドや抗ヒスタミンなどの軟膏・湿布など)を投与、あるいは植物などに接触して成分(フロクマリン、香料、精油など)が皮膚を通して吸収された後に、日光・光線に当たると、光反応が起きて光毒性・光アレルギー反応が起きることがある。これを、光接触皮膚炎と呼ぶ。

出典:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科創薬生命科学専攻 光と医療ー光線治療と光毒性http://www.okayama-u.ac.jp/user/genetox/photomedica.html

まだあります。皮膚に原因物質が付着して起きるパターンとは別に、口から摂取して原因物質が体内吸収されて起きるパターンもあるようです。

2. 薬による光アレルギー反応
薬剤による光線アレルギー症は、投与された患者が太陽等に露光することで、薬剤が光反応により抗原性を獲得。感作に要する潜伏期間後、アレルギー反応を発症し、皮疹、紅斑, 浮腫,漿液性丘疹が顕著に生じる。原因薬剤投与を止めても、少量の薬剤が体内に残存する限り、日光暴露のみで再発の可能性がある。

出典:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科創薬生命科学専攻 光と医療ー光線治療と光毒性http://www.okayama-u.ac.jp/user/genetox/photomedica.html

口から摂取するといえば食べ物。「ソラレン」という物質が含まれる食べ物があり、これを食べると「光毒性」の原因となる。「光毒性」の犯人である「ソラレン」とは何者なの?

ソラレンとは、柑橘系を代表とする果物や葉物野菜の中に含まれる成分で、紫外線の吸収率を高め、紫外線に対するバリヤーを弱くしてしまう働きがあります。ソラレンが豊富な食物を摂ると「肌の内側」から紫外線を吸収してしまうことになってしまうのです。

出典:川崎中央クリニックのコラム第8回紫外線対策の落とし穴 ~しみ・そばかすの強敵「ソラレン」~https://www.kawasaki-biyou.com/column/column08.html

光毒性の原因物質であるフロクマリンの一種が、ソラレンであり、ソラレンの例としてメトキサレンがある、ということになります。

ソラレン
【仮名】そられん【原文】psoralen
光に感受性のある(すなわち光によって活性化する)物質で、植物から得られる。ソラレンを紫外線照射と併用することで、乾癬や白斑、皮膚t細胞リンパ腫の皮膚結節などの治療が可能となる。移植片対宿主病の治療法としても研究されている。ソラレンはフロクマリンの一種である。ソラレンの例としてはメトキサレンがある。

出典:PDQ®がん用語辞書 http://www.weblio.jp/content/%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%B3#PDQGY

このまとめに対するコメント

コメント投稿