エイジングケアの裏のウラ

エイジングケア スキンケア ヘアケア まとめ

Top > エイジングケア全般 > 注目の美容成分「フラーレン」は1996年度のノーベル化学賞を受賞した物質

当サイトは、エイジングスキンケア、エイジングヘアケアを中心とした、アンチエイジング、エイジングケアに関するまとめサイトになります。

―まとめサイトの利用方法―
 気になる情報がありましたら、サイト右上の「+まとめ作成」ボタンから「まとめ作成」を行い、どんどんコメント投稿をしてみてください。

 当サイトの機能は、通常のまとめサイトに備わっている「まとめ作成」だけではなく、「コメント投稿」機能も備わっています。
 読者様は、コメント投稿をすることによっても、参加できます。

 また、「まとめ作成」では、画像やYoutube動画のアップロードや、まとめの参考サイトのスクリーンショットを取り込む機能が備わっています。
 それぞれの機能を使用することで、より簡単に、分かりやすいまとめを作成することができますので、ご協力の程よろしくお願いします。

 なお、コメント内容が、公序良俗に反していたり、販売者や商品の権利を著しく侵害していると認められる場合には、削除させていただく場合があります。
 みんなに役立つ情報提供により、公共の利益になるよう、正確な内容による投稿と、良識あるご利用をお願いします。

注目の美容成分「フラーレン」は1996年度のノーベル化学賞を受賞した物質

美容クリニックの医師の間でも注目の美容成分「フラーレン」についてのまとめです。

投稿者名:cosmer

カテゴリ:エイジングケア全般

編集

フラーレンについての調査結果報告書

 肌が老化するのは、紫外線による活性酸素により酸化することがその主な原因であるとされています。
 活性酸素は、紫外線だけでなく、ストレスや運動、疲労などによっても発生します。
 肌の老化を防止するためには、活性酸素の発生を予防すること、発生した活性酸素を速やかに消去することが重要になります。
 酸化に対抗する、つまり活性酸素による害を防ぐ成分を抗酸化成分といいます。
 抗酸化成分には、有名なものとして、ビタミンC、ビタミンA、ポリフェノール、コエンザイムQ10などがあります。
 あまり聞きなれないですが、「フラーレン」という抗酸化成分が、美容クリニックの医師の間で評判になっています。
 「フラーレン」は、その発見で1996年度のノーベル化学賞を受賞した物質です。
 「フラーレン」は、医薬品の分野では、酵素の反応に関わる反応経路への作用で、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の薬として利用できないかどうかが研究されているそうですが、化粧品の分野で活用できる作用として、活性酸素や酸化作用のあるフリーラジカルを、消去する作用があるとのことです。
 「フラーレン」の抗酸化成分としての特徴は、光による影響を受けにくい成分である、ということです。
 また、抗酸化作用の持続する時間が、他の抗酸化成分よりも長時間である、という特徴もあります。
 このため、光による肌への影響が大きくなる暑い季節には、「フラーレン」を抗酸化成分とする化粧品でケアをすることが有益です。
 フラーレンを製造しているのは、ビタミン C60 バイオリサーチ株式会社であり、フラーレンを化粧品原料として製造販売する世界で唯一のメーカーです。
 ビタミン C60 バイオリサーチ株式会社では、フラーレン化粧品原料を1%以上配合した製品にのみ、ロゴマーク(登録商標)を付与しています。1%以上配合した製品には必ずロゴマークが表示されているかというと、化粧品メーカーの都合により1%以上配合した製品であっても、ロゴマークが付いていない製品もあるとのことです。
 ロゴマークには、RSマーク、LFマーク、MFマーク、VFマークの4種類があります。
 RSマークは水溶性フラーレン、LFマークは油溶性フラーレン、MFマークはリポソーム化用フラーレン、VFマークはパウダータイプフラーレンです。
 フラーレンが配合されている化粧品を探す場合には、このロゴマークがパッケージにあるかどうかを確認することで、品質を確認することができます。
 美容成分「フラーレン」についての調査結果は、以上です。
 既存の知識に加えて、次のサイトの情報を基に、記述しました。
 ロゴマークのイメージは、ビタミンC60バイオリサーチ株式会社のホームページで確認することができます。

活性酸素やラジカルを消去する作用により、美肌効果や肌の老化防止効果があるとされており、美容液やローションなどに配合されている。

ウィキペディア フラーレン

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3

実は、「フラーレン」は光による影響を受けにくい抗酸化成分なのだそう。だから、暑い夏こそ「フラーレン」を使ったケアがオススメなのです!

ウーマンエキサイト 紫外線による、乾燥・日焼け・毛穴の開きなどの夏のダメージ肌にこそ使いたい美肌成分とは?

出典:http://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1403244590107/

このフラーレンはビタミンCの172倍の抗酸化力をもち、効果も長時間持続するのが特徴です。つまり、「強くて長持ち」。

ウーマンエキサイト お肌のエイジングケア、とっておきの方法大公開!

出典:http://happy.woman.excite.co.jp/vc60/

フラーレンには活性酸素を除去する作用、いわゆる抗酸化作用があると言われています。その効力は他の成分と比較しても強いと言われており、また持続力と安定性が評価されているようです。

マイナビニュース シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは

出典:http://news.mynavi.jp/news/2014/11/03/183/

フラーレンの強みはなんといってもその「抗酸化力」。ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を無害化します。

美肌総合研究所 フラーレンとは、どんな働きをするの?フラーレン化粧品のABCを解説します

出典:http://www.ci-labo.jp/fullerene/37/

フラーレンを規定値以上配合した化粧品*には以下のロゴマークが付与されています。化粧品のパッケージ、ボトル、説明書などをご確認ください。

ビタミン C60 バイオリサーチ株式会社 ロゴマークとは

出典:http://www.vc60.com/company/license/

1

このまとめに対するコメント

コメント投稿
1: roko-moko

フラーレンってすごいんですね。知りませんでしたが、詳しく出ていて参考になりました。フラーレンは高配合されているものがいいのですね。今はフラーレンミストに夢中です。

返信

削除

2: 匿名

へーっ

返信

削除

3: ギョギョmin

今ある化粧品成分の中で最も効果があり、有効と言われているだけにどこも配合したいところだけど、高いので…水同然の化粧品業界はフラーレンを批判する人もいるだろうなー
高いし、効果も出てしまうからね。フラーレンに戦々恐々としている人もいるだろうなー。

返信

削除